■nori先生の「アロマ・ちょっとだけアドバイス」■
アロマの現場でバリバリ仕事をしておられるnori先生から、定期的に小文を寄稿いただいております。過去の原稿も含め、ご紹介してまいります。アロマを身近なものとして楽しんでいただくと嬉しいですね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ホッと心が落ち着く温かさ

●9/4更新

 先日、兵庫県の社会福祉士会のみなさんに、アロマテラピー講習会をさせて
頂きました。

 施設で働いていらっしゃる方も、たくさん参加して下さいました。

 アロマテラピーの簡単な楽しみ方、体への作用などをお話しさせて頂きますと…
みなさん、香りの不思議に驚いていらっしゃいました。 

 ほとんどの方が「こんなに簡単なら、施設に帰って早速やってみます!」と
おっしゃって下さっていました。インストラクターをしていて、こういう声を
聞くのは本当にうれしいものです。

 今頃、あちこちの施設では、アロマの優しい香りで包まれているのでしょうね。

 さて、その時に一番人気だった精油はオレンジでした。

 温かみのある香りが、日々疲れていらっしゃる方々を癒してくれたのだと思
います。

 みなさんも、ちょっと疲れたな…と思った時、オレンジの香りでリラックス、
リフレッシュして頂けたら、と思います。

 アロマランプなどで、芳香浴すると思わず笑顔になってしまいそうですね。

 入浴に使われる場合は、肌刺激に注意してください。控えめの量でのご使用
をおすすめします。



※オレンジの香り(精油)のお求めは-> コチラ から

※オレンジの香りの解説は、     -> コチラ から

火も水も使わない、安心・安全・簡単・手軽な芳香器を各種ご紹介しております。

 -> コチラ から



  1. 2005/09/09(金) 15:14:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

芳香欲を楽しむ

●8/28更新 芳香欲を楽しむ



 芳香浴とは精油を使って自分の空間を香りで演出(楽しむ)ことです。



 芳香浴には「乾式」と「湿式」があります。



 「乾式」は、精油をそのままハンカチやティッシュなどにつけて香りを楽しむことです。



 「湿式」は、アロマポットなどを使い、水をはった上皿に精油を数滴落とし下からキャンドルなどの火で温めて柔らかな香りを楽しむことです。



 全身浴、部分浴は沐浴法(入浴)のことです。

 また部分浴には、手浴(ハンドバス)足浴(フットバス)などがあります。



 芳香浴は簡単にできるアロマテラピーのひとつです。

 自分の気分に合わせて好きな香りを選んでみると素敵な時間が過ごせます。


 グレープフルーツ・レモンなど、リフレッシュ系の精油で芳香浴をすると気分もすっきりして、気持ちよく過ごせますよ。
ぜひお試しください!



火も水も使わない、安心・安全・簡単・便利な芳香器を各種ご紹介しております。

 -> コチラ から




  1. 2005/09/09(金) 15:12:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

バスソルト

●8/22更新

 8月後半、まだまだ暑いですね。

 みなさんは、体調を崩されていませんか?

 夏の疲れがたまっている時に、疲れや、老廃物を体内から排出させるバスソルトをご紹介しましょう!



 岩塩や海塩があれば是非お使いください。。

 これらには免疫系を強化するミネラルが含まれており効果的です。

 そして解毒作用のある精油を入れるとより効果的になります。

 おすすめの精油は、ジュニパーグレープフルーツサイプレスなどです。

 夏の疲れは夏のうちに解消して、秋を迎える準備をはじめましょう〜!



※バスソルトの作り方は、ちょっと長くなりますので、別ページでご紹介しています。

 簡単に作れます。どうぞ一度ご覧下さい。



 → nori先生に聞いてみよう No.1




  1. 2005/09/09(金) 15:09:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
前のページ

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。